アルコール・薬物・その他の依存問題を予防し、回復を応援する社会を作るNPO法人「ASK」の情報発信サイト

ASK認定 飲酒運転防止インストラクター養成講座 企画・実施:特定非営利活動法人ASK 助成:日本損害保険協会(自賠責保険運用益拠出事業) 後援:内閣府/警察庁/法務省/国土交通省/厚生労働省/文部科学省 ほか

上級インストラクターのご紹介(中国)

  • 池田 貴史

    (いけだ たかふみ)

    • テクノ交通教育センター
      課長代理(指導員歴10年)
    • 教習指導員(全車種)
    • 技能検定員(全車種)
    • 産業カウンセラー
    • 運転適性診断指導主任者

    広島県安芸郡(2012年01月認定)
    連絡先:
    082-854-4000(株式会社テクノ自動車学校代表)
    メール:
    home@tekuno.info(株式会社テクノ自動車学校代表)

    指定自動車教習所は初心運転者教育機関として重要な役割を持っています。また地域の 交通安全教育センターとして、地域住民、一般運転者、企業運転者等に対して交通安全教 育や再教育を行い社会の交通安全確立の一端を担う役割も持っています。
    これからの指定自動車教習所はこうした地域の交通安全センターとしての役割がますま す強くなることを感じます。
    プロドライバー講習や初心運転教育を行う中で、どのようにして飲酒運転問題を伝えて いけばよいのか考えていた時に出会ったのがASK飲酒運転防止インストラクター養成講 座でした。飲酒運転問題を伝えるための方法やヒントを沢山得られるとても勉強になる講 座で受講してよかったと思います。
    自動車教習所は若者から高齢者、一般運転者、企業運転者、違反運転者等様々な方がこ られることからアルコール教育の場としては最適なのではと感じます。
    飲酒運転防止上級インストラクターとして、また一件でも悲惨な交通事故が無くなることを願う教習指導員として「アルコールの知識」「節酒の方法」「アルコール依存症につ いての知識」を広く伝えていけるよう努めたいと思います。

  • 前迫 公則

    (まえさこ まさのり)

    • テクノ交通教育センター
      主任 指導歴16年
    • 教習指導員
      (四輪・二輪)
    • 技能検定員
      (四輪・二輪)
    • 運転適性診断員
    • 運行管理者

    広島県安芸郡(2012年01月認定)
    連絡先:
    082-854-4000(株式会社テクノ自動車学校代表)
    メール:
    home@tekuno.info(株式会社テクノ自動車学校代表)

    飲酒運転に対する社会の厳しい目やモラルの向上、刑法、道路交通法の改正と厳罰化により飲酒運転の検挙者は大幅に減少したが、飲酒運転は未だ後を絶たない。その背景には、運転者本人ばかりではなく、職場や地域社会、家族、友人との間において、飲酒運転を助長するような習慣や風習が多く存在しているのではないでしょうか?
    飲酒運転防止には管理と処罰だけでは限界があり運転者本人はもちろんのこと、その周りの人を含めたアルコールの知識を深めることが大切なのではないでしょうか。
    日本にはアルコール依存症予備軍が440万人いると言われています。皆さんとご一緒に飲酒について勉強し、悲惨な事故を無くしたいと思います。

    指定自動車教習所は初心運転者教育機関として重要な役割を持っています。また、地域の交通安全教育センターとして、地域の住民、一般運転者、企業運転者に対して交通安全教育を行い社会の交通安全確立の一端を担う役割を持っています。
    これからの指定自動車教習所はこうした地域社会の交通安全運転センターとしての役割がますます強くなると感じています。
    プロドライバーへの講習や仕事免許、初心運転者教育のなかで正しいアルコール知識を伝えていく決意です。

  • 川根 年晴

    (かわね としはる)

    • 山陽自動車学校検定課
      課長
    • 教習指導員(全車種)
    • 技能検定員(全車種)
    • 運行管理者(貨物)
    • 運行管理者等指導講習
      (第一種講師)

    広島県福山市(2014年01月認定)
    連絡先:
    084-941-5060(株式会社山陽自動車学校代表)
    メール:
    info@sanyo-group.com

    日本は「お酒」に対して比較的寛容な社会ではないでしょうか。年々、飲酒運転防止のための取り組みが広まってはいますが、残念ながら飲酒運転による悲惨な交通事故はなくなりません。これは「人」の問題であり、要は「お酒」との付き合い方なのです。
    指定自動車教習所職員として日々、初心運転者の育成、免許既得者の安全教育等に携わらせていただいておりますが、ASK飲酒運転防止インストラクター講座に出会い受講させていただく中で、この思いを多くの方に伝える手段として上級インストラクター講座を知り是非と思いチャレンジさせていただきました。
    「アルコールの正しい知識の普及」「節度ある適度な飲酒の実践」を念頭に、適切なアルコールとの付き合い方を理解していただき飲酒運転防止のための力添えができればと思っております。私自身、これからも勉強です。 みなさん、アルコールについて一緒に学んでみませんか?

  • 髙橋 佳久

    (たかはし よしひさ)

    • 山陽自動車学校 東洋校
      副管理者
    • 指導課 課長(指導員歴17年)
    • 教習指導員(全車種)
    • 技能検定員(全車種)
    • 日本交通心理学会認
      交通心理士補

    広島県福山市(2014年01月認定)
    連絡先:
    084-922-2895(東洋自動車学校代表)
    メール:
    toyo-ds@gol.com(東洋自動車学校代表)

    私達の生活に無くてはならない自動車。運転免許を取得することは、社会人への仲間入りを果たす第一歩ではありますが、同時に年齢的に飲酒社会にも参加することになります。
    車を運転するようになるということは今まで以上に人の命と向き合い、考えるということです。指定自動車教習所での安全運転教育は、命の尊さを学ぶと同時にアルコールの正しい知識と運転に及ぼす影響を伝える絶好の機会といえます。また免許既得者や児童、高齢者など多くの方にアプローチできる交通安全教育センターとしての役割も担っています。
    飲酒運転は本人の自覚だけでは防ぐことは出来ません。それを取り巻く人や環境によって大きく左右されることを忘れてはなりません。
    悲惨な交通事故を未然に防ぐことは勿論、アルコールによる健康被害や酒害問題の解決に適切なアドバイスが行えるインストラクターでありたいと考えます。

  • 山中 直美

    (やまなか なおみ)

    • 行政書士
    • 運行管理者(貨物)

    広島県広島市(2014年03月認定)
    メール:
    info@office-yamanaka.co52m

    行政書士として主に運送事業の許認可業務に従事しています。

    飲酒運転に対する刑法の改正や道交法の厳罰化などにより飲酒運転による事故は激減しましたが、警察庁交通局の資料によると平成24年度1年間に飲酒運転による死亡事故が256件も発生しています。
    また、運送事業者に対しては、平成23年5月からアルコール検知器の営業所への備え付け及び使用が義務付けられ、酒気帯び運転を端緒として行政処分を受ける事業者は減少したものの依然としてなくなりません。
    飲酒運転はドライバーの生活習慣と密接に絡みあうため管理や処罰だけでは不十分であり、ドライバーへのアルコール教育により行動の変容を促す働きかけが大切だと考えます。

    「節度ある適度な飲酒は1単位」を実行することは、「運転者とその家族の利益」になることはもとより「会社にとってはリスク管理」「社会にとっては安全対策」に繋がることに加えて「多量飲酒の3単位」を継続するとアルコール依存症という病気になるリスクが高まることを幅広く普及し飲酒運転根絶に向けて貢献できるよう尽力する所存です。

活動履歴

養成講座の年間スケジュール

飲酒運転防止インストラクター養成講座は、通信スクールをはじめとし1年を通してアルコールの正しい知識を深め、最後に自身が身に付けた知識を伝える研修を実施することで、実践経験の伴ったインストラクターを排出しています。